SATO since1972 有限会社佐藤鉄工所
COUNTER
アクセス数
アクセスカウンター






会社概要

   
会社名 有限会社 佐藤鉄工所
所在地 〒501-3703
岐阜県美濃市下河和406番地の3
TEL 0575-32-2533
FAX 0575-32-2534
E-mail sato-t73@ccn4.aitai.ne.jp
代表者 小山 恭彦
創業 昭和47年7月
資本金 500万円
事業内容 工作機械部品 航空機部品 治工具 
専用機部品加工、アッセンブリー
主要取引先 株式会社ヤマザキマザック 
株式会社ナガセインテグレックス
株式会社桜井グラフィックスシステムズ 
株式会社 オンダ製作所
村田ツール株式会社
今井航空機工業株式会社
株式会社奥村製作所   (敬称略 順不同)
取引先銀行 岐阜信用金庫 美濃支店 
十六銀行 美濃支店
関信用金庫 美濃支店
 会社沿革  
 1972年  岐阜県美濃市須原 普通旋盤にて佐藤鉄工所創業 7月
 1985年  NC旋盤導入(QT10 MAZAK)・NCフライス導入(2V‐NC 大隈豊和)
 社内自動化を促進
 1988年  個人営業より有限会社に改組『有限会社 佐藤鉄工所』 会社設立 4月8日 
 1990年  普通旋盤2台導入(MS‐850 森精機)
 1991年  同県同市下河和( 現在地)へ本社工場新築移転
 マシニングセンター導入(V515MAZAK)
 1993年  生産管理システムスタート
 1995年  複合旋盤導入(INTEGREX30 MAZAK)
 1996年  NC旋盤導入(QT20 MAZAK)
 マシニングセンター導入(VTC‐20 MAZAK)
 1998年  研削盤導入(UGK‐750‐H‐TS 近藤鉄工所)
 工場内の一貫生産と短納期化が実現
 1999年  複合旋盤導入(INTEGREX200Y MAZAK)
 2001年  工場増築
 平面研削盤導入(SGK‐64 ナガセインテグレックス)
 NC旋盤導入(SQT200 MAZAK)
 2002年  マシニングセンター導入(MTV515 MAZAK)
 2005年  NC旋盤導入(QTN250 MAZAK)
 2006年  円筒研削盤導入(GPS‐30・100 シギヤ)
 モノづくり改善講座 全員参加により社内5S活動本格開始
 2007年  複合旋盤導入(INTEGREX300‐4S MAZAK)
 岐阜県モノづくりセンターより外部講師を招き5S・工程管理による
 体質強化プロジェクト開始
 工場内ネットワーク化、生産管理システムのバージョンアップ
(各工程の段取り時間、加工時間の分析等)
 2009年  外部講師による指導完了(5S・工程管理による体質強化プロジェクト)
 継続的(1回/月)に自社独自の5S活動へ転換
 2013年  公式ホームページ開設
 NC旋盤導入(QTS200 MAZAK)
 2014年  太陽光発電システム導入(40KW)
 2015年  第二工場建設予定地から縄文土器出土
 2016年  第二工場完成(300㎡)
   ワイヤーカット導入(FX20 W11FX2 ミツビシ)
   複合旋盤導入(MACTURN50 オークマ)
   平成26年度補正ものづくり補助金の活用により
 CNC立形複合研削盤 太陽工機 Virtical Mate 55の導入
 2017年  平成28年度補正ものづくり補助金の活用により
 CNCターレット式内面研削盤 太陽工機 IGH-2NTの導入
 2018年  三次元測定器導入
 Sheffield CORDAX 1805 MEA
第一工場の照明を全灯LEDに変更

copyright(c) SATO IRPN WORKS Co.,Ltd
〒501-3703 岐阜県美濃市下河和406-3 TEL:0575-32-2533